読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美人につける薬

運命の人(※当社調べ)に出会った三十路女が、どんどん美しさを手に入れ、どんどん幸せになっていく物語です

女を磨くって何するの?

齢35にして、数年ぶりに恋に落ちた私は、

 

今のままではいけない(ってこれもセルフイメージの低さなのでしょうか?)と

一念発起。

 

つい先日まで、人生の優先度は仕事9割だったのですが…

 

そんなお仕事脳なので、オンナ磨きって、何をしていいのか

よくわからないんですよね。

 

美人とか、かわいい人って、もう完全に別の生き物。

生まれつきのものでしょ?って思ってた。

 

でも、違ったんですね。

努力で、わりとなんとかなるようなのです。

 

なら、仕事よりこっちのほうが重要なのでは?と

好奇心MAXで、飛び込んできたのが、いま。

 

やりすぎなぐらい、全力Bダッシュです。

 

ときめきが激しすぎて、仕事が手につかないので

半ば仕方なくソウルメイトの本などを買って読んで

「運命の人」と抽象度を上げ。(笑)

 

で。いろいろ調べていくうちに

「セルフイメージ」というのを上げると良いというのを

いろいろなところで目にして

「セルフイメージ」を上げる活動を開始。

 

本を片っ端からダウンロードして読んで

研究を始めたのが今朝のこと。

 

なんか、これ、すごそうなんですけど。

 

セルフイメージってすごい

 

ソウルメイトの本を読むにしても

「恥ずかしくてレジに持っていけない」「部屋においておけない」という理由で

Kindle版を選ぶほど、女子女子しいものが苦手な私。

(めっちゃ真剣に読んでるんですけど)

 

人生、一環して攻めのスタンスできているので

「待つ」とか「選んでもらう」とか、とても苦手なんですよ。

簡単に言うと、恥ずかしい。

 

って、恥ずかしいってここに書けるようになったことが

ワタシ的には成長なんですけどね。

 

確かに、自分にダメ出しとか、強烈にしてるなぁ、とか。

手抜きも、ひどいなぁ、とか。

 

美人って、作れるんだなぁ、って思った。

だから、美人になろう、って思った。

 

仕事に関してのセルフイメージはとても高いけど

女性としてのセルフイメージが信じられないぐらい低いんですね。

 

そもそも、仕事のも、

条件付きで自分を縛ってきたものだから

セルフイメージがそもそも…ってところなんだと思う。

 

ここがクリアになったら、私、どんなんになっちゃうんだろうな。

素直にいろいろやってみたいと思う。